お勧めの参考書

数学の七つの迷信

  • 小針あき宏 著、森毅 編
  • 東京図書
  • 1975年 刊行、1986年 新装刊行
  • 980円
  • 絶版

兎に角おすすめです。

十七のエッセイで構成されていて、三角関数の公式の導き方から、「数学とは何か? 学問とは何か?」という問い掛けまで、色んなことが書いてあります。その中の一つ「数学についてのいくつかの迷信」では、色々な話題に触れながら、

  1. 数学はむつかしく、数学のできる人は頭がよい。
  2. 数学は計算技術である。
  3. 記号は文字ではなく、数式は言葉でない。
  4. 公理は絶対自明の理である。
  5. 数式は答の決まった問題を解くことである。
  6. 数学は頭の体操として役に立つ。
  7. 数学と政治は無関係。

が全て迷信である理由が述べられて面白いです。

私はこの本を読んではじめて「数学がワカッタ!!」という気分になりました。絶版は惜しいので「復刊ドットコム」に復刊リクエストを出してます。もしよろしければ下のバナーからリンクを辿って投票をお願いします。

絶版本を投票で復刊!

数学受験術指南

  • 森毅 著
  • 中公新書
  • 1981年 刊行
  • 660円 (amazon.co.jpだと380円)
  • この本もじき絶版なのか?

レポートを窓から投げて近くに落ちたのを合格にしたという噂のある森毅が書いた受験術の本。

「受験数学を何とかチョロマカそう!!」というのが基本精神。採点者の立場から述べられた答案の書き方がとても参考になります。

この本を読むと、ちゃんとした答案記述をしたくてもできないセンター試験は数学の試験として欠陥品であることが解るでしょう。

大学への数学 入試の軌跡 センター試験 7年間

  • 「大学への数学」編集部 編
  • 東京出版
  • 2001年 刊行
  • 1,143円

「センター試験ガンバルぞ!!」という受験生が読むと途方に暮れます。解法がエクセレントすぎて何をやってるのか解りません。

「センター?余裕!」という受験生が読む本だとは思います。でも自分のレベルでは届かない解法を眺めて「ほー」とか「はー」とか言ってるうちにあら不思議、いつの間にか自分もエクセレントになっていくのです。

手元に置いて、疲れたときはパラパラめくって「ほー」「はー」言ってみるという使い方は如何でしょう。

せぎてつ伝言板
このページの感想をどうぞ!
お名前(匿名OK):

メールアドレス: