MIDletをWebに載せる

さて、せっかく作成したMIDletなので皆に見てもらえるようにしましょう。

MANIFESTファイルの作成

必要なファイルをJARアーカイブにまとめます。FCSからマニフェスト情報を設定するようになったので、まずはMANIFESTファイルを作成しましょう。

MANIFESTファイルを準備します。ここではimagesample.mfとします。

MicroEdition-Configuration: CLDC-1.0
MicroEdition-Profile: MIDP-1.0
MIDlet-Vendor: SEGI Tetsu
MIDlet-Version: 1.0.1
MIDlet-Name: ImageSample

MicroEdition-ConfigurationMicroEdition-Profileは必ずこのように記して下さい。

MIDlet-VendorMIDlet-VersionMIDlet-Nameは適当に。但し、各項目は後で作成するjadファイルと一致させる必要があります。

JARアーカイブの作成

続いてMIDlet実行に必要なクラス、画像をJARアーカイブにまとめます。ここではimagesample.jarを作成します。

JARアーカイブに必要なマニフェスト情報が含まれないと、実行時に

The manifest is missing MicroEdition-Configuration.
Error - Required Manifest values do not match app descriptor

とエラーが出てしまいます。JARアーカイブを作成するときに、先ほど作成したMANIFESTファイルを指定するようにしましょう。

[注意]FCSでは、マニフェスト情報にMicroEdition-Configuration, MicroEdition-Profile, MIDlet-Vendor, MIDlet-Version, MIDlet-Nameを含まないとエラーが出るようになりました。EA1からのユーザは注意しましょう。

次のようにjarファイルを作成します。

D:\midp-fcs\segi\output>jar cvmf imagesample.mf imagesample.jar ImageSample.class ImageCanvas.class images

コンソールには下記のように表示されます。

マニフェストが追加されました。
ImageSample.class を追加中です。(入 = 1264) (出 = 599)(52% 収縮されました)
ImageCanvas.class を追加中です。(入 = 1739) (出 = 933)(46% 収縮されました)
images/ を追加中です。(入 = 0) (出 = 0)(0% 格納されました)
images/01.png を追加中です。(入 = 1218) (出 = 581)(52% 収縮されました)
images/02.png を追加中です。(入 = 1335) (出 = 707)(47% 収縮されました)
images/03.png を追加中です。(入 = 1290) (出 = 656)(49% 収縮されました)
images/04.png を追加中です。(入 = 1410) (出 = 784)(44% 収縮されました)
images/05.png を追加中です。(入 = 1409) (出 = 779)(44% 収縮されました)
images/06.png を追加中です。(入 = 1553) (出 = 936)(39% 収縮されました)
images/07.png を追加中です。(入 = 1511) (出 = 889)(41% 収縮されました)
images/08.png を追加中です。(入 = 1558) (出 = 941)(39% 収縮されました)
images/09.png を追加中です。(入 = 1441) (出 = 819)(43% 収縮されました)
images/10.png を追加中です。(入 = 1477) (出 = 857)(41% 収縮されました)
images/11.png を追加中です。(入 = 1331) (出 = 702)(47% 収縮されました)
images/12.png を追加中です。(入 = 1348) (出 = 719)(46% 収縮されました)

jadファイルの作成

最後にjadファイルを準備します。ここではimagesample.jadとします。

MIDlet-Name: ImageSample
MIDlet-Version: 1.0.1
MIDlet-Vendor: SEGI Tetsu
MIDlet-Description: Sample Image Viewer MIDlet
MIDlet-Info-URL: http://www.segi.org/Java/midp/ImageSample01.html
MIDlet-Jar-URL: http://www02.so-net.ne.jp/~segi/Java/midp/MIDlets/imagesample.jar
MIDlet-Jar-Size: 13086
MicroEdition-Profile: MIDP-1.0
MicroEdition-Configuration: CLDC-1.0
MIDlet-1: ImageSample,, ImageSample

MANIFESTファイルに記述した項目は一致させるようにしましょう。一致していないと実行時に

The manifest MIDlet-Vendor does not match the one in the JAD.
Error - Required Manifest values do not match app descriptor

とエラーが出てしまいます。他の項目では

MIDlet-Jar-URL: http://www02.so-net.ne.jp/~segi/Java/midp/MIDlets/imagesample.jar

を間違えないように。作成したjarファイルをおくURLを指定します。あと間違えてはいけないのは

MIDlet-1: ImageSample,, ImageSample

の行です。コンマで区切られた三つ目の引数が実行するクラスファイル名になります。

実行

さてjadファイルを適当な場所に、jarファイルをjadファイル中で指定したURLに置いて

D:\midp-fcs>midp -transient http://www02.so-net.ne.jp/~segi/Java/midp/MIDlets/imagesample.jad

とjadファイルを指定すると実行できます。

AnimationSampleについても同様にanimsample.mfanimsample.jaranimsample.jadを作成してます。


前の項目へ次の項目へ
「MIDPで遊ぼう!」のページへ
せぎてつ伝言板
このページの感想をどうぞ!
お名前(匿名OK):

メールアドレス:
最終更新日 : 2000年10月22日(日)
tetsu@segi.org