[English Version]

サンプルで遊ぼう

MIDPの起動

さて面白いサンプルが含まれているので遊びましょう。

展開してできたmidp-fcs\index.htmlの“Getting Started”を見て考えるわけですがちょっと大変です。FCSバージョンになって余計に解らなくなりました。

前のバージョン(EA1)での経験を活かして色々やってみたところ

D:\midp-fcs>bin\midp -classpath classes -descriptor src/example/run.jad

とすれば良いようです。D:\midp-fcsはプロンプトです。その後ろが打ち込むコマンドになります。

スタートメニューからDOSプロンプトを起動して、MIDPを展開したディレクトリをカレントディレクトリにして打ち込んで下さい。(ここに書いてある単語が解らない方は、ちょっと修行が必要です。頑張って下さい。)

ちなみにサンプルのSokobanで遊びたい方は

D:\midp-fcs>bin\midp -classpath classes;src/example/sokoban/sokoban.zip -descriptor src/example/run.jad

src/example/sokoban/sokoban.zipclasspathに加えて下さい。

さて、携帯電話エミュレータっぽいのが現れて、左の画面が表示されましたね。表示された携帯電話のボタンを色々クリックすれば使い方は解るでしょう。FCSで追加されたPong、StarCruiser、SpaceInvadersなんかが私は好きです。

カラーは?

ドキュメントには「大抵の電話は白黒だ」なんて書いてあるのでアメリカではそうなのかもしれません。日本は携帯電話先進国であることが実感できます。

さてカラーにするためには環境変数SCREEN_DEPTHを設定すればよいです。一旦、MIDPを終了して

D:\midp-fcs>set SCREEN_DEPTH=8

D:\midp-fcs>bin\midp -classpath classes -descriptor src/example/run.jad

SCREEN_DEPTHを設定してから起動し直してみて下さい。どうですか?カラーになりましたね。SpaceInvadersはカラーでないとやる気しません。

日本語は?

前のバージョン(EA1)では日本語表示ができました。FCSでもできるでしょう。そのためには

D:\midp-ea1>set ENCODING=SJIS

とエンコーディングを指定すればよいはずです。

ところが。これでMIDPを起動すると例外が出まくって起動しません。

どうも2000/10/5時点で配布されてるバイナリは国際化オプションを指定せずにビルドされたもののようです。ビルド環境のある方はINCLUDE_I18N = trueにして再ビルドすれば日本語が使えるようになるでしょう。

ビルド環境のない方はmidp-comments@sun.comに「国際化オプションを指定してビルドしたのを配布して〜」というメールを送りましょう。


前の項目へ次の項目へ
「MIDPで遊ぼう!」のページへ
せぎてつ伝言板
このページの感想をどうぞ!
お名前(匿名OK):

メールアドレス:
最終更新日 : 2000年10月6日(金)
tetsu@segi.org