コンパイル・検証・実行

自分で作成したプログラムを動かして見ましょう。ここでは「ボタンで絵を動かそう!」で作ったImageSample.javaを用います。

J2ME Wireless Toolkit上の「新規作成ボタン」を押すと下のダイアログが現れます。

新しいプロジェクトのダイアログ

「プロジェクト名」は適当に、「Class Name」は実行するクラスの名前を入力します。入力して「プロジェクトの作成」を押すと下の画面が表示されます。

属性設定のダイアログ

取り敢えず変更するところはないので「了解」を押します。Toolkitの画面は下のようになります。

J2ME Wireless Toolkitの新規プロジェクト作成後の画面

必要なファイルをディレクトリに置きます。「Javaソースコードの場所」と指定されているD:\J2MEWTK\apps\imagesample\srcImageSample.javaを置き、「アプリケーションリソースファイルの場所」と指定されているD:\J2MEWTK\apps\imagesample\resimagesディレクトリを作成し画像ファイルを置きます。つまりファイルを

D:\J2MEWTK\apps\imagesample\src\ImageSample.java
D:\J2MEWTK\apps\imagesample\res\images\01.png〜12.png

となるように置きます。

Toolkitの「ビルド」ボタンを押すとコンパイル・検証・JARアーカイブ作成・jadファイル作成が行なわれて、Toolkitの画面は下のようになります。

J2ME Wireless Toolkitのビルド後の画面

「デバイス」から好みのデバイスを選んで「実行」ボタンを押しましょう。下のようになります。コンパイル・検証・JARアーカイブ作成・jadファイル作成がワンクリックでいくのが楽でいいですね。

Pager上で動くImageSample
前の項目へ
「MIDPで遊ぼう!」のページへ
せぎてつ伝言板
このページの感想をどうぞ!
お名前(匿名OK):

メールアドレス:
最終更新日 : 2000年10月22日(日)
tetsu@segi.org