HttpTestを動かそう

さて携帯にJavaが載ったらやはりサーバと連携させて何かさせたいと思いませんか?私は思います。

ということでサンプルにある“HttpTest”が魅力的なんですが実行させてみると

Exception reading from http
**Dummy PrintStackTrace**
javax.microedition.io.ConnectionNotFoundException

がDOSプロンプトに表示されてうまくいきません。

前のバージョン(EA1)のときはrun.jadの最終行に

HttpTest-Url: http://www.sun.com/

と加えれば良かったので、それを試します。\midp-fcs\src\example\run.jadの最終行に上の一行を加えましょう。

さあ上手くいくはずだと思って試してみると、今度は

startApp threw an Exception
java.lang.IllegalArgumentException
**Dummy PrintStackTrace**

と表示されて上手くいきません。「うーん。FCSってEA1より完成度上がったんじゃないの?」と愚痴りたくなるのをこらえながらソースを追いかけてバグを見つけました。直しときましょう。

まずは\midp-fcs\src\example\http\HttpTest.javaに一行追加します。114行目に

t = new TextBox("Http Test", b.toString(), 1024, 0);

という行があるので、この上に一行追加して

b.setLength(1024);
t = new TextBox("Http Test", b.toString(), 1024, 0);

として下さい。

そしたら、オマジナイだと思って

D:\midp-fcs>mkdir tmp
D:\midp-fcs>cd tmp
D:\midp-fcs\tmp>javac -d . -bootclasspath /midp-fcs/classes /midp-fcs/src/example/http/HttpTest.java
D:\midp-fcs\tmp>\midp-fcs\build\win32\tools\preverify -d /midp-fcs/classes -classpath .;/midp-fcs/classes example.http.HttpTest

と打って下さい。これでバグが潰せました。tmpディレクトリは消してしまって構わないです。

MIDPを起動してHttpTestを選んでちゃんと動くことを確かめましょう。Internetに接続できる状態にしておくことを忘れずに。

run.jadの最終行に追加したhttp://www.sun.com/の部分を書きかえれば、色々なページの先頭部分のソースが見れます。あんまり大きいページ(http://java.sun.com/とか)だと例外が出て読みこめないようです。


前の項目へ次の項目へ
「MIDPで遊ぼう!」のページへ
せぎてつ伝言板
このページの感想をどうぞ!
お名前(匿名OK):

メールアドレス:
最終更新日 : 2000年10月6日(金)
tetsu@segi.org