コンパイル再び

さて、どうにかして「iモードJava拡張APIクラスライブラリ」が準備できたのでコンパイルしましょう。今度はエラー出ないはずです。

D:\iAppli>javac -bootclasspath classes;D:/j2me_cldc/bin/api/classes HelloIAppli.java

-bootclasspathで指定しているclassesはダミーのクラスファイルを置いたディレクトリに変えて下さい。

例えばi-jadeに含まれるものを利用するためにD:\i-jadeディレクトリでi-jade-f.jarもしくはi-jade-p.jarを展開してるならば

D:\iAppli>javac -bootclasspath D:/i-jade;D:/j2me_cldc/bin/api/classes HelloIAppli.java

となります。

で。コンパイル時のオプションはこれでもいいんですが、余分な情報をクラスファイルに含ませないために-g:noneオプションを指定するともっと良いです。クラスファイルが小さくなります。

ということで

D:\iAppli>javac -g:none -bootclasspath classes;D:/j2me_cldc/bin/api/classes HelloIAppli.java

がコンパイルするときのオプションです。

プログラムをコンパイルする度に、長いオプションを打ち込むのは面倒なのでバッチファイルを作成しました。バッチファイルについてはijavac.batについてを御覧下さい。

ここから先はコンパイルにijavac.batを用いることにします。


前の項目へ次の項目へ
「iαppliであそぼう!」のページへ
せぎてつ伝言板
このページの感想をどうぞ!
お名前(匿名OK):

メールアドレス:
Valid CSS! 最終更新日 : 2000年2月11日(日)
tetsu@segi.org